【廃課金】どうしてこうなった、ソシャゲに課金する人間の心理

課金

こんにちは!こっさんです!Youtubeでゲーム実況をしています!チャンネル登録は8500人!今までのゲームへの課金額は200万です!

ゲームに200万とか狂っていますね。
自分で書いていてぞっとしてきました。
今回はなぜこんなに課金しているのか考えてみました。

スポンサーリンク

課金への抵抗

200万という金額は私の2019年までの課金額になります。
どう考えてもおかしいです。大体どこにこんなお金があったのか分かりません。
転機となったのは2019年1月のDQMSLのぶっ壊れガチャの実装です。
DQMSLはざっくり言うと1/250くらいの当たりが出るガチャが300円で引けて、
当たりモンスターを9体集めると強くなるシステムです。

冷静に考えるとすごく恐ろしいガチャですね、
しかし2019年1月アプリリリース5周年という事もあり、いつもの激渋ガチャからは考えられない程の確率アップが行われ、ちょっと引けば何か当たるまさにお祭りの様なガチャでした。

今まで1度のガチャに出しても5万円程度でしたが、このガチャで自分の中のネジが外れたんだと思います。

ネジが飛ぶというのは本当に怖いです。
最近のソシャゲは脱ガチャビジネスでサブスク型に移行しつつある気がします。
狭く深くから、広く浅くへの転換です。
とにかく課金という事へのハードルを下げる施策が沢山練られています。
今無課金で遊んでいる方も一度課金という蜜の味を知ったら・・・!

ゲームの公式大会地方予選優勝で経験

幸か不幸か5周年のお祭りガチャのおかげで手持ちのモンスターが充実し、DQMSLの公式大会「レジェンドマスター決定戦」の関西予選優勝という、いい成績を収める事が出来ました。

ゲーム内の特別な称号獲得(ゲーム内で8人しか持っていないもの)
憧れの壇上での対戦
ニコ生とYoutubeでの生放送による顔割れ

等とても素晴らしい経験ができました。
大人になって、こんなにドキドキわくわくできる事ってそうそうないと思うので
改めてゲームの面白さを実感しました。

そしてこの時からこのゲームの公式大会で1位を取りたいという欲が少しずつ芽生えます。
これがこんなに課金してしまった一番の原因だと思いますが、まったく後悔はしていません。
本気でやっているからこその楽しさがあります。

いい歳してゲームなんかで本気とか・・・
と思う人もいると思いますが、本気でやると面白さの深さが全然違うんです。
こればかりは人それぞれの価値観なのでどうしようもないですが、
例えゲームだとしても、熱中できるという事は素晴らしいことだと思っています。

何年かたって200万とか馬鹿じゃないのと思う日がくるかもしれません。
それでも熱中する事に出会えた事自体がとても幸せだと今は思います。

仕事して、家に帰って、テレビ見て、寝て、起きて、仕事して、、、
そんなループの中に何か熱中する趣味があるだけで生活にメリハリが生まれます。
大げさな話ではなく、本当に熱中できることがあるのは幸せです。
(でもやっぱり課金はもう少し控えたいですw)

Youtubeで稼ぐようになる

もともとYoutubeに動画を投稿していたのですが、レジェンドマスター決定戦を機にYoutubeに真剣に取り組むようになります。
これが2019年4月の出来事です。
2019年の4月にレジェンドマスター決定戦の決勝戦があり、それまでは情報を隠したいという意図があり、動画投稿を控えていました。

4月からは毎日動画投稿を続け、9月にはドラクエウォークリリースという一大事もあり、2019年はチャンネル登録者を5000人伸ばす事が出来ました。
少しずつですが、収益も付くようになり、2019年4月以降はガチャ代を捻出できるくらいにやっとなりました。

また、課金する際はギフティッシュを使うなどで、とにかく安く抑える努力はしています。
また、ゲームにはめちゃくちゃ課金するくせに、それ以外の所ではそれなりに質素な生活をしています。

脱ガチャ依存症

正直もうほとんどガチャをしても当たりはありません。
新しく登場するモンスター以外すべてはずれに近い状況です。
引く意味は昔と比べだいぶ薄れています。
ゲームの公式大会で1位を取る目標さえ諦めれば課金はしなくても楽しく遊べます。

ただ、やはり全力で戦う公式大会は他には代えられない楽しさがあるので、もう少しだけ出来る範囲でガチャをぶん回そうと思います。

この辺の線引きが悩ましいところですね。

最後に3/23に4.5万円をぶっこんだ動画を紹介して終わります。
ガチャは闇です。計画的に!無理のない範囲で楽しみましょう!!

【DQMSL】激アツガチャ!超魔王ピサロ目指して150連!【ガチャ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました